守りたいものがある

かけがえのないものがある

この心削ってでも

守り抜きたいものがある



いつの間にか始まりと同時に

終わりを見据えていた

悲しみや寂しさに

なるべく触れなくて済むから


諦めること 傷つくこと

忘れること 嘘をつくこと

たくさんの「大人」を覚えたんだ

強くなれる気がしたから


そう信じたけど 祈ったけど

心は静かに固まった

いつか見てた綺麗な世界が

すっかりモノクロになった



涙で滲んだままの ぼやけた世界に

微かな灯りを燈すから

届けてみせるから


どうか気づきますように

どうか見えますように

君という名の愛の形



涙で滲んだままの ぼやけた世界に

微かな灯りを燈すから

届けてみせるから


どうか気づきますように

どうか見えますように

君という名の愛の形



守りたい人がいる

かけがえのない人がいる

この心削ってでも

守り抜きたい人がいる