夏の夢

ある夢を見て目覚めた

夏の昼下がり

ずいぶん長く眠ってしまった

 

幸せと予感と

切なさ混じりの

そんな夢だった

 

夏の風がカーテンを押し上げて

部屋に入ってくる

私の髪と肌をくすぐって

通り過ぎてった

 

初めてだ 初めてだ

夏の風を愛おしく思ったのは

初めてだ 初めてだ

夏のことを愛おしく思ったのは